中十条マンション

HOME > 賃貸マンション・アパート > 中十条マンション

中十条マンション

変形狭小地の活用事例です。土地面積が80㎡・地型が三角形という敷地条件に対して、敷地を無駄なく活用し面積を最大限に確保する事をメインテーマに設計しました。

建ぺい率一杯に床面積を確保するために長屋形式の雁行プランとし、建築面積ギリギリまで床面積を確保、2階建4戸の賃貸住戸となりました。

屋根は片流れとし、変化に富んだ外観となっていますが、道路斜線をクリアするために一部葺き下ろし屋根とするなど、変形狭小地においても土地を最大限に活用する工夫が随所に盛り込まれています。

お問い合わせはこちら